カラーセラピー③~タロットカラーセラピー~

カラーのイメージが広がってきた私は、また新しいカラーセラピーに出会いました。

それが、タロットカラーセラピーです。

タロットについてはご存知の方も多いと思います。

タロットカラーセラピーはそのタロットとカラーセラピーの融合です。

タロットカードと聞くと『占い』と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、タロットカラーセラピーはこれまで紹介してきたカラーセラピーと同様、タロットカードを使って、色や数、絵柄などの象徴や直感から“気づく”ことを大切にし、会話での癒し、気持ちの良いコミュニケーションを行うことを目的としているのです。

と、いうことで、タロットカードやタロットカラーセラピーについて紹介したいと思います。

タロットカードは、22枚の絵札と56枚の数札の78枚からなるカードセットになります。22枚の絵札を大アルカナ、56枚の数札を小アルカナと言います。数札はもちろん、絵札にも数が書かれているので、私にとって、数秘&カラーⓇ で学んだ数の意味がここで活かすことができます。

タロットカードは『なんとなく怖い』と、感じられている方がいらっしゃるようですが、現在では色々なタロットカードが販売されてるので、キレイな絵柄のものや優しい絵柄のものなど様々な絵柄があるので、カードの絵柄自体はそんなに怖くはないと思います。

大アルカナには死神や吊るされた男、悪魔などのカードがあるため、物事の吉凶を占うもの、上記のカードが出た場合に『もうダメだ』と思われる方がいらっしゃいますが、そういういうものではありません。その時、その時に感じたことが大切で『良し・悪し』ではないんです。

タロットカラーセラピーは、私のカラーの先生でもある能登屋明枝先生が開発考案したオリジナルのものです。

タロットカラーセラピー「ATT認定タロットカラーセラピー」

タロットカラーセラピーは、タロットカードの絵柄と数にカラーを合わせることでよりコミュニケーションがしやすくなります。

毎日タロットカードに触れて、絵柄をみて、そこから感じることを実践していますが、続ければ、続けるほど奥が深くはまっていく感じがあります。

実は、先日このタロットカラーセラピーのリピーターさんがきてくれまして、とっても嬉しかったんです。本当は自分自身まだ経験不足かなと思っていたので、タロットカラーセラピーについて投稿するのは、もう少しあとにと考えていたんですが、そのリピーターさんから『またお願いします』と言われた言葉を励みに、もっと頑張りたいと思ったので、投稿しました。

よろしくお願いします(^^♪

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中